唯一無二の香り高さ

Bung Tang Gig

宮崎市の北西部に位置する高岡町。この地域は明治時代に「ビタミンの父」と呼ばれ日本の医学に大きな影響を与えた高木兼寛の生誕の地としても知られます。高岡町は日向夏やキンカンなど柑橘類の生産が盛んなのですが、なかでも私たちは「高岡文旦」という特別な存在に出会いました。

高岡町でしかつくられないもの

高岡文旦、それは高岡町にしかない特別なもの。
古くは江戸時代から伝わり、今では高岡町を代表する特産品となっています。生産と栽培は高岡町内に限られた門外不出の存在。2月5日が解禁日とされ、出荷を2月上旬〜3月中旬ごろの1ヶ月間に集中しておこなっています。

高岡文旦は頭のてっぺんにボコっとした「デコ」があり、まるまるとした大きな姿をしています。とても爽やかな香りが特徴的で、一度かいだら鼻にも脳内にもしっかり記憶され、忘れることはないでしょう。厚い皮をむくと、これまた分厚い果肉が姿を現します。その食感、そしてほのかな甘みと目の覚めるようなフレッシュな酸味はたまりません。

高岡文旦のお話を詳しく聞くにあたり、私たちはJA宮崎中央高岡文旦研究会の方々とお会いしました。高岡文旦研究会は生産者でつくるグループで、現在15名(2019年7月)の方が所属しています。高岡文旦の品質の向上、後世への継承に日々奮闘されています。

「はじめて食べたときこれはウマい! と思ったんです。いっぺんに好きになりました」。そう語るのは研究会会長の田中英男さん。晴天の果樹園で高岡文旦の話をする田中さんの表情はどこかずっとゆるんでいました。もうなんというか、高岡文旦への愛に溢れていると言いましょうか。

「香りと爽やかさ、甘さと酸味、歯ごたえはほかの果物と比べものにならないほどいい。それに木を見てくだい。大きいでしょう? 高岡文旦の果樹は成長がすごいんですよ」。自分がいうのは自画自賛で照れるけれど……と断りを入れつつもなんだか嬉しそうでした。こちらが質問するでもなく話は盛り上がりました。

高岡文旦を実際に食べ、話を聞き、詳しいことを調べていくうちに、田中さんが高岡文旦の虜になったのと同じように、私たちも高岡文旦の魅力に取り憑かれていくのでした。
高岡文旦のことをもっと多くの方に知っていただきたい。そんな思いから商品開発に乗り出したのでした。

クラフトビールという方法

高岡文旦の良さを生かして何かつくることはできないか……。スタッフ全員でアイデアを出し、議論は白熱し、悩みました。そんななか、高岡文旦の苦味や香りはクラフトビールのフレーバーとして最適かもしれない、そんな意見があがり目指す方向も固まっていきました。

縁を頼りに宮崎市神宮東でクラフトビールの醸造をおこなっている「B.M.B Brewery」に協力していただきました。「香りも果汁の色もすっきりしていますね、これは爽やかなビールができそう」と醸造長の里正彰さん。職人の目から見ても期待はできそう。

里さんによるとビールづくりは各醸造所によってセオリーが異なるそうです。確かに「こうすればこうなる」というマニュアルのような情報はありますし、そうしたものを活用することはあります。しかし、同じ設備の醸造所同士でも、まったく同じビールが出来上がることはないのだそう。理論やハウツーももちろん大事だけれど、ほとんどはその場その場の直感的な判断を頼りにしていくと言います。ビールづくりはつくり手や醸造所の個性が味に反映されるとも言えます。

そして、里さんとB.M.B Brewery、高岡文旦それぞれの個性が融合した結果、クラフトビール「Bung Tang Gig(ブンタンギグ)」が誕生しました。

口に含んだとたんやってくるサラッとした味わい、爽やかな香り、あとからくる苦味。ビールの透きとおった色が、これまた「飲みたい欲」をかきたて喉が渇いてきます。青空の下で飲めたらどんなに気持ちいいだろう……そんなことを想像せずにはいられません。

Bung Tang Gigの完成を記念して開催したお披露目会では参加された方々から「苦味があるのに後味はスッキリしていて飲みやすい」「高岡文旦ビールとはどんなものか? と思っていましたが想像を超えておいしい」「女性でもスッキリ飲めると感じました」など好評をいただきました。今まで存在しなかった唯一無二のその味にみんな酔いしれたようでした。

現在、Bung Tang Gigは宮崎市上野町にあるビアバー「Beer Market BASE」にて取り扱いいただいています。

このBung Tang Gigを多くの方に飲んでいただきたいと思います。
そして、クラフトビールのもとにもなった高岡文旦そのものもぜひ味わっていただきたい。
さらに生産されている高岡町にも興味を持ち、実際に訪れることがあれば私たちとしてこんな嬉しいことはない、そう思っています。

B.M.B Brewery

住所 :
宮崎市神宮東1-7-31
TEL :
080-4692-3745
営業時間 :
10:00〜17:00
不定休
Webサイト :
https://bit.ly/2JKnRka