Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2019/09/06

市場をめぐり、出会い、見つける

まだまだ暑さ全開だった8月24日、早朝。
地区あつめ隊は宮崎中央卸売市場の中にあるカンカン通り(中央卸売市場 市場商店街)に勢ぞろい。

なぜかって?
この日は「イチあつめ 〜カンカン通りの魅力再発見!〜」の日だったのです! カンカン通りのモニタリング調査を兼ねた今回の催し。事前にご応募いただいた10数名の方々を対象に、カンカン通りをめぐってその魅力を知っていただきご意見をうかがう…。

といってしまうと固い感じがしてしまいますが、実際そんなことはないですよ(そして、なかったですよ!)! この日のプログラムは、申込者を対象としたブラ◯モリリスペクトのカンカン通り散策と、この商店街で購入することのできる市場の食材を使ったライブクッキング。歩いて、見て、食べて…と人間の感覚をフル活用して堪能できるイチあつめのはじまりはじまり〜。

さあ〜って、第1部の散策がはじまりました! この散策、スペシャルなお二人のトークの掛け合いによって進んでいきます。一人はカンカン通りの店舗「コナツコーヒー」より小夏正子さん。もう一人は料理教室「Passer a table(パッセ ア ターブル)」よりフードソムリエの秋本真由子さん。このお二人を先頭に本家ブ◯タモリより熱量の高い(!?)散策がはじまろうとは誰もつゆ知らず。

カンカン通りには店舗がたくさん入っていますが(お肉屋、お魚屋、資材屋、花屋…etc もうほんとにいっぱいあるんですよ)、今回はその中の8店舗を主にめぐっていきました。
下見や打ち合わせで何度か訪れている場所ですが、こうやって案内付きで散策に同行していると新たな発見に尽きません。

この散策を前にして、地区あつめ隊でハンドメイドのパネルを作成。たとえば「山本味噌米糀店」の場合、こちらの写真のように。各店舗の特徴や扱っている商品を簡潔にまとめて記しています。ファシリテーターを務めるお二人や、参加者がお店の人とコミュニケーションを取れるような仕掛けを随所にほどこしました。
ちなみに山本味噌米糀店のお味噌や甘酒はほんとにおいしいんです。扱っているお米は毎日その日に精米して販売しているんですよ。

「豆腐のマキノ食品」のおかみさん(写真左)の元気なこと。小夏さんとの軽快トークがつづきます。
試食として出していただいたお豆腐や豆乳にみんなノックアウト。お店の方もお豆腐もいい味出しています。

手づくりのパンや惣菜がおいしい「しょうき庵」。
手づくりのポップがこれまた味わい深くて可愛くて。お店を訪れたらぜひ見ていただきたい。しかもおかみさんがよくしゃべる方で、場が和みます。チーズ饅頭にブランデーケーキに手づくり食パン。手に取りたいものがいっぱい。

散策していると、こんな看板を発見したり。今じゃあなかなか見かけることが無くなりましたよね、こういう(おそらく)手描きの看板。イラストからコピーから書体まで実に味わい深い。経年の変化がなんとも。ずっと見ていられます。

さてさて、散策が終了すると、イチあつめの第2部である秋本真由子さんによるライブクッキングのはじまりはじまり。ここからはたまたま通りかかった方でも料理の様子を見て、試食もできるという豪華な内容。
「何がはじまったんですか?」とお買い物に来ていた方々が少しずつ寄ってきました。あつまった方々を見ていると、けっこう商店街の方々もいましたね。ライブクッキングと秋本さんの話題の高さがうかがえます。

秋本さんの軽妙な語り口とともに、市場の食材が切られ、炒められ、お皿の上に組み立てられていきます。個性豊かな材料たちが一つの料理としてお皿の上で合体していく。「うおおお。『料理』は僕が担当している『編集』の仕事と一緒だ!」などと訳の分からないことを頭に浮かべていると、いい香りが漂ってきました。さっそく試食をあつまった方々に配布しましたが、みなさんの顔と「おいしい」って言葉が忘れられませんね。ほんっとにいい顔するんですもの。

今回のイチあつめ、参加された方より「知らない魅力がたくさん知れました」「ここでお買い物したいです」という好評なご意見がいただけました。実際、終了してわれわれが片付けに奔走しているときにお買い物されていましたね。「うわ〜、こういうのいいな」とひとりごとがこぼれました。ご協力いただきましたカンカン通りの皆様、秋本真由子さん、ほんとうにありがとうございました。

カンカン通り、ほんとうにおもしろい場所なので行ってほしいなと思います。某ショッピングモールに行くついでに、もしくはカンカン通りに行くついでに某ショッピングモールへ。そんなトレンドが生まれれば。

今回つくった料理のレシピや使った食材は下記よりダウンロードできます。
レシピ

ぜひぜひ、お試しくださいませ。

この記事を書いた人

はんだ

東京人と福島人から生まれた宮崎人。地区あつめでは編集やライティングを主に担当。映画・音楽・本が好きですが、まだまだにわか。趣味はランニングとまちを徘徊すること。みんな、車なんて乗り捨ててまちを歩こうぜ。2019年はフルマラソンでサブフォーやるぞ。

記事一覧