Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2019/08/16

バターナッツかぼちゃで広がる夢

ひょー! ひょうたんかと、思っていたら、なんとカボチャでした。
「バターナッツかぼちゃ」というカボチャなんだそうです。
抗酸化作用がありアンチエイジングとしても注目されている野菜で、生でも食べられるようですよ。なんと皮も食べられるとか。私は煮物にして食べてみました。スープにしてもおいしそうですし、中身をくり抜いてお肉やチーズをつめてオーブンで焼いて食べてもおいしそうですね。

こちらのカボチャは直売所に売られていました。
そこで、バターナッツかぼちゃを生産されている清武悠太様に、ご案内していただき農園に行ってきました〜。

見渡す限りの畑で、その一番上の一角にありました。台風8号が過ぎ去った翌日のお昼過ぎの晴天下。ここは宮崎の暑い日差しのなかでも木陰があり風も吹き抜けていて気持ちの良い場所なんです。

清武さんは、こちらの畑は使わないからと2年前に知り合いから借りることになりました。

ふだん清武さんはカウボーイアップランチで馬の指導員として勤務されています。
なので、休みの日を利用して収穫などや作業もしているとのこと。堆肥は勤務地から手に入り環境的にも恵まれているとも。

バターナッツかぼちゃは二期作の栽培をしています。6株から50個ぐらい収穫できたりと、比較的簡単に栽培できるとのことでした。
写真の青い棒はバターナッツかぼちゃがどこにあるのかの目印。これなら葉に隠れていてもすぐに見つけられますね。

ちょっと、気になったことが……バターナッツかぼちゃのあいだには雑草がしげっていました。こちらの雑草は抜かないのですか?

「抜かないのは、理由があるんです(笑)」と清武さん。
抜かないことでうどんこ病(葉の表面に白いカビが生える病気)といった病気になりにくいのです。

草の水分がバターナッツかぼちゃを守ってくれる……いいこともたくさんあるんですね。

よかった〜そうなんですね。うふふ。

ところで、これからの夢はありますか?

「実は夢が実現しているんです」と笑顔で語られる清武さん。
子どものころ夢が二つあり、一つはドッグトレーナーになること。今の仕事はドッグトレーナーではありませんが、犬が馬に変わっただけで叶っているよう。「ちょっと大きくなりました(笑)」と清武さん。

もう一つの夢は、教師です。
こちらも馬の指導員をしていることで、放課後デイサービス「にじいろホース」で発達障害の子どもたちにホースセラピーをしているんです。ホースセラピーとして教師の夢も違う形で叶っている。

「自分は運がいい」と語られます。
「これからの夢は発達障害の子どもたちに収穫体験をさせてあげたい。就労支援にもつながるといいな」。

清武さん自身は農業をすることで、自然や植物と触れ合って癒されたり、新たな発見があり刺激も受けている。

動物や植物に触れることで、癒されるとみなさんも思いませんか?

この記事を書いた人

ちこりん

地区あつめを日々頑張っています^^ いろんな地区をまわり情報をあつめ発信しております。 宮崎市には、たくさんの良いものが眠っていると思いますので「宝探し」をして掘り起こしてみたいですね? 神話や古墳などが好きで気づくと巡っていることがあります。 よろしくお願いいたしますm(_ _)m

記事一覧