Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2019/05/21

いつもの公園で、いつもと違う時間を

こんにちは、こんばんは。みなさんは週末いかがお過ごしですか?
晴れれば日差しがギラギラとしていて暑く、雨が降れば熱帯のようなお天気。はてはて、ここに春は存在するのか? そんな疑いを持ってしまう宮崎でございます。

このブログを書いている私は、休日お天気が良かったら、とりあえずまちにフラ〜っと出てきてフラフラ歩きまわることが習慣になっています。平日とは違う気分でまちを歩きまわっていると、いろんな発見があっておもしろいんですよ。そうやって散歩していると公園でちょいと休憩したいなと思うことがよくあるんですが、たまたま寄った公園で、いろんな人が自由に何かやっているとしたらワクワクしてきませんか?

実は今年の5月から中心市街地にある別府街区公園で「若草ピクニート」という催しがおこなわれているんです。「いつもの街のいつもの公園を、いつもよりちょっとだけ楽しく、ちょっとだけゆっくりと」をテーマに、出店する人もやってくる人も公園という場でいつもとちょっと違う時間を過ごしてみよう、という試み。

初回となる5月11日には地区あつめ隊ことQ design lab.も出店。宮崎産の小麦をPRする目的でヒンメリワークショップをおこないました。事前の参加募集はおこなわずに、やってみたい人を待つスタイルでいましたが、看板や飾り付けていたヒンメリを見た方たちが「参加していいですか?」と次々に来るではありませんか! 木陰でヒラヒラと風にそよぐヒンメリ。ものすごく絵になるんですが、こんな効果を発揮するなんて!

ワークショップをしつつ参加者とお話していると、ヒンメリを知っていた方が以前より増えているように感じました。ヒンメリの認知が少しずつ広がっているようですね。かたや小麦の方は「材料の麦わらですが、宮崎産で農薬に頼らずに栽培されたものなんですよ〜」と説明すると「宮崎でも育ててるんだ!」とびっくりされる方もまだまだ多い印象。

ちなみに今回、昨年11月に開催された「Zine it! Picinic」のヒンメリワークショップに参加された方もいました。リピーターさんの存在は嬉しいですね。照れを笑顔に変えて「今回もありがとうございます!」とお礼をしていると、ふとやる気とパワーが満ちてきているのを感じました。

「週末の公園がいつもこんなに楽しいといいわね。子どもと散歩しやすいし、大人だけでもフラッと来て楽しめそう」。参加された方がそんなことを口にしていました。「そうですよね……僕もこのあたりを散歩するのが好きなので、こういうのいいよなーって思います」と自然と返していました。出店者とお客さんの関係が限りなくフラット。お互いが壁をつくらず気軽に話せる空間がそこにはありました。

ゆったりとした空間で、ゆったりとした時間が流れていく。出店する側としてもすごく楽しい時間でした。
心地良い場所でゆったりヒンメリをつくりながら、宮崎小麦の話にもじっくり耳を傾けていただけました。

ほかに出店していた方々も、みんな気持ち良さそう。
今度はこの空間にお客さんの側で入ってみたい。

次回の若草ピクニートは5月25日にあります。朝のランニングついでにちょっと寄ってみようかしらん。

この記事を書いた人

はんだ

東京人と福島人から生まれた宮崎人。地区あつめでは編集やライティングを主に担当。映画・音楽・本が好きですが、まだまだにわか。趣味はランニングとまちを徘徊すること。みんな、車なんて乗り捨ててまちを歩こうぜ。2019年はフルマラソンでサブフォーやるぞ。

記事一覧