Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2019/04/09

春来たる佐土原城

こんにちは。春の陽気でぽかぽかしていて桜が咲き、冬眠から目覚めた生き物など気持ちの良い季節ですね。

2018年の9月末に台風24号が来て、いろんな災害がありました。
なかでも佐土原城跡は登城口がすべて閉鎖されるという状況になりました。

それでも佐土原城跡は昨年だけで2000名を超える観光客が訪れました。遠方から来られる方も。その理由は「続日本100名城」に選ばれているから。世は山城ブームですね。

近ごろおこなわれた「さどわら春まつり」では、竹細工の体験コーナーがありました。貯金箱や一輪挿しなどがつくられていましたが、その材料は佐土原城跡にあった災害で倒れていた竹です。

今回は竹細工の体験コーナーを主催されていた佐土原小学校区地域づくり協議会の緒方房信様にお話をうかがいました。

こちらが体験でつくったものと同じものです。向かって左が貯金箱、右が一輪挿し。
もともとは災害後に観光客をおもてなしするため、せめて登城口だけでも見ていただきたいという思いから、竹は2019年2月24日に市民のみなさんと文化財課職員との懸命な作業によって撤去されました。

一輪挿しは和室や旅館などにあると風情がありいいですよね。
最近の貯金箱は下からすぐに開けられるものが多いのに対して、これはすぐには開けられない。簡単には開けられないので、お金がどのくらい貯まっているのか想像に任せるしかないですね。でもそれが楽しみ!
今後もこちらの体験はイベントでされるそうです。
そのほかにも文化財課職員よる島津家・伊藤家の紋印と手形を台風で倒れた杉の木に残すイベントも2月にありました。手形は残るものですから記念になり素敵ですよね。
こちらもイベントなどでもっと広がるといいですね。

竹にもいろいろな種類が植えられているようです。お城下には弓矢に使う細い竹が、上には食料になるための竹が植えられているそうです。

佐土原城跡整備を次回は5月12日に、作業に参加してくださる方を募っていらっしゃいます。お城にちなんで、殿方も姫方もどちらでも大歓迎。
コシジロヤマドリやウグイスのさえずりの奏でる、よい雰囲気の中で清々しい汗流してみませんか?

ちなみにワタクシ、今度は神代独楽とうずら車の調査をしてきます!

この記事を書いた人

ちこりん

地区あつめを日々頑張っています^^ いろんな地区をまわり情報をあつめ発信しております。 宮崎市には、たくさんの良いものが眠っていると思いますので「宝探し」をして掘り起こしてみたいですね? 神話や古墳などが好きで気づくと巡っていることがあります。 よろしくお願いいたしますm(_ _)m

記事一覧