Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2019/02/15

木花の人々がつながる

こんにちは。
木花で地域活動をおこなっている方がいらっしゃるとうかがったので「木の花サポーターズネット」の共同代表の一人である浅部真弘さんを訪ねました。
浅部さんたちは地域活動として空き缶の回収をおこなったり、2019年で8回目を迎える「木の花 夏の夜祭」の実行委員会メンバーとして活動もされています。
実はこの空き缶回収と夏の夜祭には密接な関係があるんです。え? それってどういうことですか?

夏の夜祭は「木花地区を盛り立てよう」と仲間4人ではじまりました。
「人付き合いが少なくなり、このままでは子どもたちが大人になったとき、どんな世の中になっているかなと想像していて……」と語る浅部さん。第一回目の夜祭では1000人目標だったところ2500人もの人々が来たのだとか! そのときは感動して震えるほど嬉しかったそうです。

この夜祭の目玉となるのが花火。実はこの花火にかかる費用を空き缶回収でまかなっているのでした。「空き缶は地域で出るゴミなので、お金を募るよりあつめやすいと思ったんです。寄付っていう形だとみんな躊躇しちゃうけれど、空き缶の回収をしていくことなら躊躇しない」と。確かに、おっしゃるとおりですね。

夏の夜祭や空き缶回収をつづけていて感じたことがあるそうです。
「学園木花台地区、熊野地区、加江田地区、鏡洲地区とバラバラだったものが、つづけるうちに地域の人とのつながりが多くなり、地域の人との壁が薄くなりました。空き缶回収っていう環境問題から入って、一人一人が思うことでずいぶん変わるはず。子どもたちに地域で生きていく覚悟を、そして人と人とのつながりがある地域づくりを今後もしていきたい」
素敵な活動ですよね。

空き缶回収は自治会の協力だけでなく、保育園、幼稚園、木花駅などにブルーの回収バケツを置いてもらっています。「おかげさまでたくさんあつまっているんですよ」と笑顔で語られる浅部さん! 缶シャですね笑

浅部さんを含め、木花への地域愛にあふれる方々のやさしさが活動を支えているんだなあと思いました。私も地域の人々をつなげる仕事がしたい。

木花の夜に数十発の花火が今後もっと多くあがるといいですよね。
このお祭がずーっと続いてコミュニケーションの場が広がるといいなあ。

この記事を書いた人

ちこりん

地区あつめを日々頑張っています^^ いろんな地区をまわり、あつめる係として情報を集め発信しております。 宮崎市には、たくさんの良いものがねむっていると思いますので 「宝さがし」をして掘り起こしてみたいですね? 神話や古墳などが好きで気づくと巡っていることがあります。 たくさんの文化や資源そして地区のみなさんとワクワクしながら暑い夏を過ごしたいです。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

記事一覧