Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2018/12/14

麦と学舎と子どもたち

小学校なんていつぶりでしょうか。
ヒンメリ授業のために訪れた高岡小学校。「小学校」という言葉に懐かしさを覚えつつ、木造校舎の堂々たるたたずまいに一同愕然。
なにより驚いたのが、チャイムがモノホンの鐘の音!その荘厳さが私たちを試しているようにさえ感じられました。
緊張もあいまって身が引き締まります。

始業時間になり子どもたちが家庭科室に入ってくると、静かだった教室が一気ににぎやかに。
飾ってある作品が気になる子。麦わらをいぶかしげに眺める子。何をするんだろう?ちゃんとできるかな?わくわく、そわそわ。いろんな気持ちが伝わってきます。

今回は指導役として徳留ひと美さんに協力していただきました。Qラボのヒンメリワークショップではおなじみですね。
ヒンメリの由来、わらの扱い方から糸の通し方まで、子どもたちに向けて楽しく丁寧に教えてくださいました。
徳留先生の軽快な語り口に子どもたちのリアクションも上々。にぎやかな様子から一変、真剣な表情を見せる場面もありました。
説明がひととおり終わり、いよいよ作業開始です。

と、思いきや
「やり方忘れちゃった!」
「これであってますか?」
「どーだったっけ!?」
あっちからこっちから助けを求める声!
スタッフも学校の先生もてんやわんや。子どもたちのパワーに負けないように必死です。
普段呼ばれることのない「先生」という響きに悦に入りつつ、毎日この元気っ子たちのエネルギーを受け止めている先生たちに、尊敬の念を抱いたのでした。

結んで、通して……伝わっているのか不安を抱きながらの指導でしたが、だんだんとコツをつかんできた子もチラホラ。
自分のヒンメリをつくり終えると、苦戦している子のお手伝いをする子もいました。
おかげで、時間内にクラスのみんながヒンメリを完成させることができました!すごい!

小学校の授業という初の試みに、スタッフもドキドキの1日でした。
楽しんでもらえたかしら。ぜひまたつくってね。
最後は作品を手にみんなでパシャリ。高岡小学校のみなさん、ありがとうございました!

この記事を書いた人

ささき しをた

かつて伝説の落書き小僧だったイーハトーヴの異端児。高校生によく間違われる、塩田を名乗る佐々木のひと。しかしてその実体は…!?宮崎土産のレパートリー募集中。岩手土産は『か●めの玉子』でキメ!

記事一覧