Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2018/10/09

思わずにっこりしちゃう揚げ菓子

宮崎市でおいしいサーターアンダーギーをつくる「食工房さなえ」さんを訪れました。

サーターアンダーギーは、揚げたあとのきれいに割れた様子が、にっこり笑った顔のような、または花が咲いたように見えることから縁起の良いお菓子といわれています。

笑顔が素敵なさなえさんは、市内の直売所などにサーターアンダーギーのほか、蒸しパンやお餅、ハーブティなどをつくって卸しています。食べ物で人を喜ばせることやプロテニスの錦織選手の試合をご夫婦でテレビ観戦するのが楽しみだとか。

メインのサーターアンダーギーはプレーンや日向夏、ヨモギ、コーヒー、レーズン、ピーナッツ、シナモン、黒糖などバラエティに富んだラインナップです。

ヨモギは知り合いの有機農家のじゃがいも畑の、へりに生えるヨモギを摘みとっています。

「マムシがたくさん出るらしいんです。私はまだ見かけてないですけど、命がけでヨモギを摘んでいます」

恐ろしい、僕にはできません。
きれいな緑は着色料を使用せず自然なままの色です。ヨモギのサーターアンダーギーは珍しく繊維や鉄分も多くヘルシーです。

日向夏味は皮をマーマレードにして入れていて、とてもおいしく仕上がっています。

さなえさんのサーターアンダーギーは、ひんぱんにきれいな油に入れ替えるため、油っぽくなく何個でも食べやすいのが特徴といえるでしょう。また、小ぶりで食べやすいこともうれしいです。

中華鍋で1回に70個を揚げ、多いときで1日に1300個ほどになります。

このサーターアンダーギーは宮崎市内の知産知消村、じばさんず、百姓市、うどん茶房ふなや、三股町のめんくいなどで販売していますので、ぜひお買い求めください。そのおいしさにきっと、にっこりしますよ。

ちょうど、テニスの全米オープンのシーズンで、錦織選手が2年ぶりの準決勝進出(ジョコビッチ選手に敗れる)でした。

「錦織(にしこり)選手のベスト4進出、見事でしたね」

それを聞いたさなえさん、にっこりでした。

この記事を書いた人

えいさん

3年前に旅行したときに出した自分宛のハガキが先日、自宅に届いていました。郵便屋さんに見られるかと思うと、ちょっと照れますね。★★★ 地区あつめ隊のあつめる係。 イチロー選手の引退により、ぽっかり空いた心の穴を埋めるべく、夜は焼酎で酔いがまわり、昼は宮崎市内の地区をまわり、情報をあつめています。オレンジのワーゲンバスが市内を走っていたら、左ハンドルをにぎっているのは、きっとぼくなのでお気軽に手をふってください。

記事一覧