Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2018/04/10

【地域の魅力を見つけてつなぐ 今までとこれから】後編

「地域の魅力を見つけてつなぐ 地域資源開発実践事業 活動公開セミナー」開催ご報告。
後編は緊張の「地区あつめ隊」(Q design lab.)の発表です。

まずは、私たちがどのようなスタンスで宮崎市を活性化させ、新しい価値を導きだそうとしているのか。
「地区あつめ」の基本コンセプトの話とともに、これまでの活動内容をお話させていただきました。

さまざまな地区に直接足を運び、自分たちの目で、耳で、ときには舌で感じたりしながら地域の雰囲気とともに情報を集めてきました。スライドを利用して写真なども多めに、緊張しながらも一つ一つご説明。

参加して下さった皆さまは日頃から地域に興味もっていらっしゃる方々も多く、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

セミナー会場の後方にはパネルなども展示。

試行錯誤して制作したかいもあり、多くの方に見ていただくことができました。

また、開発途中である宮崎の山菜を活用した「おかず」のご試食にも協力していただきました。お腹に優しいおかゆに添えてのご提供。

おかずの制作に協力していただいたのは、宮崎駅前商店街のBoozaさんと山菜ハンターの戸越美智子さんです。

アンケート結果で「山菜をはじめて食べました」「なんだか懐かしい味がしました」などの感想もいただき、身近なのにまだまだ活用されていない、知られていない山菜の可能性も感じました。

セミナー終了後も参加者の皆さまとの話は尽きることなく、地域の話や、これからの話しなど本当に花が咲きました。

活動報告発表の中でも申し上げたのですが、「今度は私たちが地区で出会ったものたちをつなげていって、恩返しができればと思っています。」

今後も今まで通りこのような形で取材を進め、地域に恩返しできるようにしていきますので、「地区あつめ」(Q design lab.)どうぞよろしくお願いします。

この記事を書いた人

おつう

陸の孤島と呼ばれる宮崎で毎日愉快に暮らしています。 すきな食べ物は塩気のあるもの(アンチョビ、塩辛、鮭とば、生ハム)などなど。 日々、地区あつめに奮闘中!

記事一覧