Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2018/03/26

青島の漁師さんと魚

海の街「青島」にある青島漁港へ取材に行きました!
僕自身、ずっと宮崎に住んでいながら、どんな魚がよく取れるか知らずにいたので、宮崎の魚を知るいい機会となりました。

港の定食屋さん「港あおしま」で昼食。お腹いっぱいになったところで話を聞きに!
漁港ではそこでしか聞けないような貴重なお話や面白い話をたくさん聞くことができました。

とれたてのカツオは身がしまっていて弾力がすごいのでモチガツオと呼ばれていることや
定置網にかかった中で珍しいものにミンククジラがいたこと、イセエビよりおいしく高価なゾウリエビというエビがいることなど初めて知りました。

ひととおり話を聞き終わって次は漁港周辺を散歩することに。この日は天気が良く外ではサバを干しているおばちゃんがいたり、足元をよく見たら小さい魚やエビが転がってたり、個人でカラスミをつくっている人がいたり。

遠くから低いエンジンの音が聞こえたと思ったら沖に出ていた矢部さんが帰ってきました。さっきまで落ち着いていた雰囲気とはまた違い、みんなバタバタ。

矢部さんが港に船を横づけすると、船の底に網を入れてアジやサバを捕まえ、魚の入った網を漁港の職員さんに手渡し。アジはでかい水槽に入れられ、それ以外は発泡スチロールの箱に入れられたり、小さなカゴに振り分けられたり。

作業の一部始終を眺めていると、魚を狙いに猫たちが集まってきました。職員さんいわく、気をぬくと魚をくわえて逃げてしまうそうです。

皆んなが落ち着いたところで、お礼を言い帰ることに。
今回は青島の魚のことをよく知れ、そこでしか聞けない話を聞けて楽しかったです。今後も漁師さんと魚の魅力を発信していきたいです!

この記事を書いた人

地区あつめ隊

記事一覧