Days
日々の地区あつめ

われら地区あつめ隊の、めくるめく採集記

2018/01/30

曽我殿の墓

1月上旬、佐土原町下田島のギャラリーのご主人に案内され、曽我公園の裏山にある「曽我殿の墓」とよばれている石塔群を見てきました。

これらの石塔は、鎌倉時代から室町時代にかけて佐土原を治めていた伊東氏の供養塔とされています。曽我公園のほかにも、大光寺や久峰観音など田島地区を中心に今も数多く残されています。

この「曽我殿」とは、父の仇討ちの話で有名な曽我十郎・五郎兄弟のことをさすのですが、実際には曽我兄弟にまつわるものではないと考えられています。なぜ「曽我殿の墓」とよばれているのか? 一説には、伊東氏と島津氏が抗争を繰り広げていた時代、島津軍による破壊から逃れるため「曽我殿」と称したのではないかと考えられています。

「曽我殿の墓」現在も地域の皆さんの手によって大切に保存されています。眺めもよく、春には満開の桜がきれいに彩るそうです。

この公園の周辺にはかつての山城や鉄道の跡など、佐土原の歴史を感じることのできるスポットがたくさんあるそうなので、あらためていってみたいと思います。

この記事を書いた人

地区あつめ隊

記事一覧